ホーム > コラム > クメール正月

クメール正月

  

カンボジアには3回のお正月があります。

1月のインターナショナル・ニューイヤー、2月の中国暦の旧正月、そして4月のクメール正月で、13日が日本の大晦日、14日がお正月になります。

1〜4月に掛けては、3回あるのでほぼ毎月のペースです。

これだけ正月があれば形だけになるのかと思いきや、しっかり仕事は休んで、しっかり祝います。

その中でも一番盛り上がると言われている4月のクメール正月には、繁華街ではビールを掛け合う若者たち、一緒に朝まで騒ぐ旅行者、お寺に家族で出かける人々、帰省してお家で家族で集まったりと各々のお正月を祝います。

この時期だけは、夜になればお寺がダンスクラブに様変わりする光景も見ることができます。カンボジアの伝統舞踊ももちろん流れますが、K-POPの江南スタイルが流れた時が一番盛り上がり、多くの家族がみんなで輪になって踊っている様子は興味深かったです。

そしてカンボジア人のアイデンティティーでもある世界遺産アンコールワットには全国から多くの人が集まり、この日のために用意された多くの屋台や伝統舞踊のパフォーマンス、ライブセットなどで楽しみます。

そんな2013年クメール正月の様子を写真でご紹介しています。日本では聞くこともないクメール正月を少しでも味わってもらうことが出来れば嬉しく思います。

A countdown event at midnight@pub street :シェムリアップ一番の繁華街のカウントダウンの様子です。

  

  

  

  

  

@Angkor Wat:世界遺産アンコールワットに集まり、伝統文化のパフォーマンス、ライブセット、水浴び、そして夜になればビアガーデンでダンスをしたり、ライトアップされたアンコールワットを楽しんだりと各々のお正月を楽しんでいます。この時期にアンコールワットを訪れてみるのも、普段と違うお祭りのような雰囲気を味わえて面白いと思います。

  

  

  

  

  

  

Copyright ©カンボジアナビ All Rights Reserved. Powered by United Futures, Inc.