ホーム > コラム > カンボジアの乾杯は永遠に続く?

カンボジアの乾杯は永遠に続く?

カンボジアでは『乾杯』のことを

『ジョルケアムオイ』と言います。

僕はこの言葉を必死に『ジョルケアモイ?』→『No~』『ジョルケアムイ?』→『No~』みたいなやり取りを繰り返ながら、

(カンボジアでは同じ”ウー”でも口をとがらせた”ウー”、口を横に開いた”ウー”、口を半開きにした”ウー”があり、微妙なニュアンスがとても難しいです)

満を持して乾杯に合わせて、『ジョルケアムオイ』と言うと、今度は『NO~、ジョルケアピー』と言われて、笑いの渦でした。

『え??え??』ってなって確認すると、

1回目の乾杯では『ジョルケアムオイ』、2回目の乾杯では『ジョルケアピー』、そして3回目の乾杯では『ジョルケアバイ』となり、、、延々と続いていきます。

言語は文化を表すと言いますが、その通りでカンボジアでは一度の飲みで何回も乾杯が繰り返されます。

一度数えようとしたのですが、20回目で数えるのを辞めました。笑

本当にカンボジアの飲みの席は楽しいです。

そう飲みの席で一番楽しい『乾杯』の瞬間がカンボジアでは永遠に続くのです。

これもタイの『マイペンライ』(タイ人の気質とも言われる”気楽に行こう”の意)に通ずる、

南国気質の何でも楽しくという文化かもしれないですね。

もしローカルのレストランなどで、隣でカンボジア人が飲んでいる時には、少し耳をすませてみて下さい。

何度も乾杯を繰り返し、キャッキャと騒ぐ彼らの姿でこちらまで自然と楽しくなるのを感じると思います。(文・大崎 章弘)

  

Copyright ©カンボジアナビ All Rights Reserved. Powered by United Futures, Inc.