ホーム > コラム > 食事

食事

歴史をたどると、カンボジアは1世紀頃に扶南(フナン)として国を興した東南アジアで最初の国で、一時は今のタイやベトナムもアンコール王国(現カンボジア王国)の領土であったことからも、タイ料理やベトナム料理に似ているところが多いです。

 

家庭料理はご飯とスープ、そしておかずにトレンサップ湖やメコン川の豊かな恵みの川魚が並ぶのが定番なようで、

 

白いご飯には、『ソイソース』と言われるソースをかけて食べます。日本でいう醤油をかけて食べるようなものですが、カンボジアの方は結構ドバっと大量にかけます。最初は『こんなの毎日続けていたら身体に悪いだろうな』とか思っていたのですが、日本に帰って白いご飯を前にするとソイソースが恋しくなるのが不思議です。

またカンボジアの方は唐辛子が大好きで、ヌードルやスープにはたくさん振りかけます。日本人からすると少し異様な風景ですが、振りかけるだけでは物足りずに(?!)そのままかじって食べたり、ちぎってそのまま入れます。

聞くところによると、唐辛子をたくさん食べると蚊が嫌って、蚊に刺されないようになるらしいのですが、、、真意のところは分かりませんが、生活の知恵に根付いた文化なのかもしれませんね。

 

一番カンボジアで生活して、美味しさに驚いたのがフランスパンです。これは最初『カンボジア』『フランスパンの美味しさ』という組み合わせに意外性を感じて驚いたのですが、歴史をたどるとフランスの植民地の歴史が長いことが大きく関係しているのでしょう。

そのため街中のパン屋さんには必ずといっていいほどフランスパンが並び、屋台の多くにもフランスパンに卵、スパムやハムのようなものと野菜をはさんだサンドウィッチ的なものが見られます。これが本当に美味しいです。

そして美味い時には『チュガニュ』(美味しい)と言って、大げさなくらいにリアクションを取ってみて下さい。

お店の人も大げさなくらいに喜んでくます。

時にはサービスでお代わりをくれたり、『どこから来たの?』と話し掛けてきてくれたりと、カンボジアの屋台は家族経営でされているところが多く、本当にフレンドリーな雰囲気で、心の底から『ごちそう様でした』って言いたくなるような経験をよくします。

日本でも一昔前には、無口なお父さんが包丁を握り、よく喋る陽気なお母さんがお店を仕切り、娘さんが手伝うというような風景が見られたと思いますが、そんな日本では懐かしくなった心温まる風景があなたを待っています。

  

そして食後のデザートに欠かせないのが熱帯地方特有のフルーツの数々ですが、その中でも私が日本にいても暑くなると飲みたくなるのが、このサトウキビジュース(タックオンパウ)です。

注文後に手動で搾ってくれ、サトウキビと一緒にライムを搾る隠し味で、ほんのり甘酸っぱいジュースです。食堂などにもこの機械があれば出してくれるお店も多く、暑いカンボジアでは必須のビタミンの補給を助けてくれます。

   

フランスパンのサンドウィッチも2000〜3000リエル(1$=4000リエル)、タックオンパウも500リエル〜1000リエル程度でそれほど高くはないと思いますので、是非カンボジアに来られた際には色々な料理に挑戦して頂き、あなただけのお気に入りのカンボジア料理を見付けて下さい。

その時には、もしよろしければカンナビ編集部までメールなどでお便り頂けると編集部一同心より嬉しく思います。お便りはこちらまで。 文:大崎 章弘

Copyright ©カンボジアナビ All Rights Reserved. Powered by United Futures, Inc.