ホーム > 観光情報 > 交通

交通

カンボジアの市内には、交通機関と呼べるようなものはまだなく、交通の便は自動車、バイク、自転車が中心です。旅行会社やホテル主催のツアーに参加するのが効率的ですが、当然費用は高くつきますし、自由に回れる時間も少なくなりますので、ドライバーを1日レンタルしても高くはないですし、ドライバーが捕まらなくて困るようなことも市内や観光地周辺ではまずないので、自分たちで回ってみるのに挑戦してみてはいかがでしょう。
カンボジアの人は気質は穏やかで、他の東南アジアの国に比べるとあまりぼったくられたというような話も聞きません。(ただ女性だけが運転手に食事やクラブに誘われるなどはトラブルの元、日本ではないという最低限の危機意識は必要です。)

        

日本のタクシーと同じで(?!)気さくな運転手が多いのでお気に入りの運転手を見付けてみるのも楽しいです。

ドライバーとの値引き交渉を楽しめるようになれば、あなたもこの国をもっと好きになっているはずです。
以下に参考になりそうな情報をまとめてみました。

乗合タクシー・ピックアップトラック

乗り合いタクシーはピックアップトラック乗り場周辺で客待ちしており、車の種類、状態、その交渉によって値段はまちまちです。人数を3~4人集めれば、それほど高くないので、欧米の旅行者にこれらを利用するグループをよく見かけます。
ピックアップトラックとは軽トラのことで、カンボジアではよく見かける交通手段になっています。荷物を満載にした荷台に人をパンパンに載せて走るため、あまり快適といえるものではありません。さらにスコールのことなどを考えても一般旅行者にあまりお勧め出来るものではありません。

タクシー

メーター制タクシーはまだ台数が少ないために、ホテル前などで待機している交渉制のタクシーを利用することになります。また各ホテルのフロントで車をチャーターすることも可能です。ただし値段やチャーターの有無はホテルによって様々なので事前に確認することをお勧めします。

バイクタクシー

近距離の移動ならバイクタクシーが便利で、普通の50cc程度のバイクの後部座席に客を乗せて走ります。バイタクの運転手はカンボジアの一般の市民には副業としてもポピュラーで、どう見ても運転手に見えない普通の兄ちゃんやおっちゃんが話し掛けてくることもあります。
ホテル前や観光地周辺には英語が通じるドライバーも多いですが、中には英語が通じないドライバーもいます。カンボジア語しか喋れないドライバーですと、道に迷ったとき、精算のときなどトラブルになることもありますので乗る前の確認が必要。
ただ注意したいのが、カンボジアの交通事故の多さです。信号がない交差点、横断歩道のない道路がほとんどで、逆走するバイクも見られるような状況のため、特にバイクの事故が後を絶ちません。
しかもバイタクなどでは客にヘルメットを被せることもあまりなく、夜は飲酒運転でバイクや自動車を飛ばす人も多く、事故に巻き込まれたら即死亡につながるリスクもあります。値段はトゥクトゥクの半分くらいですが、2人以上で乗ると1人当たりは安くなるので、安全面を考慮するとトゥクトゥクの方がお勧めです。

シクロ

シクロは自転車に人力車を付けたようなものでバイタクより少し値段は高めです。あまり街中で見かけることは少なく、観光客向けのものです。夕方ちょっと涼しくなった風を浴びながら、街中をゆっくり流してみるのも気持ちのいいものです。

 シクロ      至る所で見かけるトゥクトゥク

トゥクトゥク

バイクの後ろに座席を取り付けただけのもので、バイタクに比べると値段は2倍ほどしますが、4人~6人まで乗れるので、一人当たりで割ると安くなります。簡単なクッション、日除け、雨除けも付いているので一般旅行者には最もポピュラーな交通手段になっています。

レンタサイクル・レンタバイク

シェムリアップやプノンペンの一部宿泊施設では貸し出しを行っているところもあります。値段は自転車1日1US$~、バイク1日5US$~

観光情報

Copyright ©カンボジアナビ All Rights Reserved. Powered by United Futures, Inc.