ホーム > 観光情報 > 食事

食事

カンボジア料理は、タイ料理ほどは辛くはなく、香草を使いますが、ベトナム料理ほどではないので、比較的日本人にとっては食べやすい味で、家庭料理の暖かい味わいがあります。

主食はお米で、スープと魚をおかずにして食べるというのが基本的なスタイルです。多くのカンボジア人は最後にはスープをご飯にかけて、そのまま食べます。スープの種類、味付けも様々なものがありますので、中には少しクセの強いものもありますが、日本と味付けが似たようなスープも多く、馴染みやすいものが多いです。

アンコール遺跡群には、トレンサップ湖の魚を焼いたり、売り買いする様子が描かれており、昔からカンボジアの食文化が魚料理を中心に栄えていたことがうかがえます。トレンサップ湖は国の中心に位置する巨大な湖で、漁獲高は世界トップクラスで魚料理の種類は豊富で多くの魚料理があなたを迎えてくれます。

  

レストラン

店内もきれいで、衛生面などを気にされる方にはレストランの利用をお勧めします。メニューはほとんどが英語とカンボジア語での表記になっており、『Fried rice with beef,with poke』『Fried nudle』など簡単な英語になっていますので困ることはないと思います。写真付きでメニューが用意されていることも多いです。またカンボジアの伝統舞踊アプサラを食事しながら鑑賞出来る観光客向けのレストランもあります。この機会にカンボジアの文化に触れてみてはいかがでしょうか。

  

食堂

もう少しカンボジアの人の生活に入り込んでみたい方には地元の方が利用する食堂に行ってみても面白いです。ガラスケースにおかずが並んでいたり、スープが入っているお鍋が並んでいますので、それらを指差して注文します。

ただメニューがないことやカンボジア語しか通じないことも多いので(Fried riceやnoodleですら通じないこともあります)、このサイトの指差し食事メニューを携帯の画面メモなどに保存しておくことや他の方が食事しているものを指差したり、ジェスチャーで注文するしかないこともあります。開放的な空間で扉などで仕切られていないため(日本の方には海の家をイメージして頂くと分かりやすいかもしれないです)、ハエが飛んでいたり、蟻がテーブルに登ってきたりということは大いにありますので、気になる方は観光客向けのレストランをお勧めします。値段は2$あれば十分に満腹になり、おかず一品だと1500~2000リエルくらいからで気軽に利用出来ます。

  

何よりもお客さん同士、お店の人との交流、食堂のおばあちゃんがサービスで大盛りにしてくれたり、食後にデザートを出してくれたりと日本では懐かしくなった暖かい光景があなたを包み込んでくれます。

屋台

簡単に食べれて、安くてボリューム満点の屋台。屋台の椅子に座って、現地の人たちと席を並べる経験はそれだけでカンボジアに来ことを実感させてくれます。どの地域でも市場の周りには屋台が集まっているので、買い物の休憩に、夕方の涼みがてらにフラリと屋台を覗いてみると、新たな発見や出会いへとあなたを誘ってくれるはずです。

  

カンボジア人は甘いものが大好きで、様々な種類のスイーツを街中で見付けることが出来ます。カボチャ、里芋、あずき、緑豆、寒天などを用いた体に優しいものが多く、屋台などではビニール袋にストローを指して持ち帰ることになります。小さい頃に夏祭りの夜店に行った気分を思い出して、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。

ちょっと東南アジアの料理が苦手という方

カンボジアのヌードルや焼き飯は隣国タイ、ベトナムに比べると味付けは似ているものの、比べても食べやすいですし、クセもありません。ヌードルに至っては種類が4~5種類あり、しかも半分ずつ違う麺という注文も可能です。是非このヌードルや焼き飯などからカンボジア料理に挑戦してみて下さい。

コラム『カンボジアの食事』はこちら。

  

観光情報

Copyright ©カンボジアナビ All Rights Reserved. Powered by United Futures, Inc.