ホーム > 基本情報 > 言語・国民性

言語・国民性

  

言語

カンボジア国内で最も話されている言語はクメール語(カンボジア語)です。

フランスの統治を受けていたため、高齢者や特別な職業(医師など)の間ではフランス語がある程度通じます。若者の間で最もポピュラーな外国語は英語となっており、日本人より英語は話せる割合が多い印象です。

さらに旅行者が多い場所では英語やフランス語も通じるので、都市部や観光地を訪れるのであれば、旅行に際しては英語を話せれば特に困ることはありません。

国民性

国民性としては一般的にシャイで温和な人が多く、親日感が強いです。旧日本軍のお陰でカンボジアはフランスから独立出来たと話すカンボジア人も多く、歴史の流れからと日本からの多額のODAなどにより橋や道路なども建設されており、日本の人気は高いです。また9割以上の人が仏教徒ということで、私たち日本人にとってはたいへん親しみやすい国です。

カンボジア人気質と言われるものに、交渉が苦手で慎重、人の顔色を伺うというものがありますが、これに関しては内戦の経験が長かったことが大いに関係あるのでしょう。

根は真面目な国民性で、サービス、ビジネスに関して至らない部分も多いに感じますが、それはビジネスの経験がないだけで、そこに嫌な感情は沸かないというのが個人的な感想です。

Copyright ©カンボジアナビ All Rights Reserved. Powered by United Futures, Inc.