ホーム > 基本情報 > 気候・時差・入出国

気候・時差・入出国

  

カンボジアの気候は熱帯性モンスーン気候に属しており、気温は年間を通して暖かく、20度から35度です。

カンボジアの季節は雨期と乾期に二分され、旅行で訪れるなら11月〜5月の乾期をオススメします。

年間の気候と季節

11月-2月

乾季。1年でもっとも過ごしやすい時期です。雨も降らずカラッとしています。朝晩は冷え込むこともありますが、20℃は超えていますので日本人にとっては快適な時期だと思います。

3月-4月

酷暑期。日中は40度を超えることもあり、1年で一番暑い時期で小さいお子様やお年寄りにはアンコールワットの観光などは少し厳しいかもしれません。日中は頭がクラっとする事もありますので、帽子やサングラス、水分補給は必須です。また4月13日はカンボジアのお正月(クメール正月)になります。

5月-8月

雨季。午後に1~2時間のスコールが降ります。日がもっとも長い時期でもあります。雨季といっても日本のように一日中降っているようなことはありませんので、観光客も少なくなる時期ですので、意外とお勧めな時期です。

9月-10月

雨季。もっとも雨の多い時期。1日中降り続くこともあります。道路が水浸しとなり観光に多少の影響が出ることもあるそうです。また10月の終わりから11月にかけて3日間カンボジア最大のお祭り・水祭りが開催されます。

時差

日本が2時間遅れており、日本の正午はカンボジアではAM10:00で、サマータイムはありません。

入出国

入国にあたってはビザが必要です。ビザは日本にあるカンボジア王国大使館、名誉領事館で申請し、1~2営業日で発給されます。またインターネットでも「e-ビザ」が発給されていますので、クレジットカードをお持ちの方はこちらをお勧めします。シェムリアップ、プノンペンの空港、また陸路の国境でも発給されますが、英語でのやり取りになりますので、事前に取得しておく方がより安心かと思います。通常の観光ビザで1ヵ月間の滞在が可能ですが、それ以上の滞在を希望される方はこちらで詳しく。(カンボジアの旅行会社で簡単に1年の延長滞在が可能です)

パスポートに関しては、カンボジア出国予定日から6ヵ月以上の残存有効期間が入国には必要ですのでご確認下さい。

※ビザ・パスポート等の情報は予告なく変更されることがございますので、日本を出国する最低でも1~2週間前には必ず大使館、領事館または旅行会社でご確認頂ければと思います。

参考までに在日本の大使館の情報を記載します。

カンボジア王国大使館
Royal Embassy of Cambodia
URL:http://www.cambodianembassy.jp/
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂8-6-9
電話:03-5412-8521

Copyright ©カンボジアナビ All Rights Reserved. Powered by United Futures, Inc.