ホーム > 基本情報 > 通貨・インターネット・電気

通貨・インターネット・電気

通貨

カンボジアの通貨は

カンボジア・リエル

アメリカドル(一般に1$=4000リエル)  

1ドル以下のやり取りにはリエルが使われます。

銀行や証券など、公式な取引でもリエルが使われることがあります。

また農村部では一般に現金所得の低い人々が多いこともあって、リエルのほうが広く利用されています。

トゥクトゥクやバイタクを利用する時には、ドルで支払うとお釣りがないなどと言われることもありますので、常にリエルは持っておくことをお勧めします。

物価の参考として、カフェでコーヒー1杯2$前後あれば飲めます。

インターネット

ほとんどのカフェ、ホテル、ゲストハウスではwifi-freeになっており、日本よりもネットインフラは整っていますが、やはり地元のcafeやレストランでは少しwifiが遅いことがあったり、お客さん全員がwifiを使っていたり、故障したりしていて使えないということもありますので、仕事などで常にメールのチェックなどが必要な方はこちらの海外渡航用のモバイルwifiがお勧めです。

(※今なら特典として送料が無料で、手間な設定が不要で、現地でwifiルーターの電源を入れて無線接続するだけで使用可能。)

電気

電圧とプラグ
220V、50Hz。プラグはA型とC型の複合型が多く、A型、C型、稀にSE型がある。→簡単に言うと、コンセントの穴が日本のものとは違います。コンセントによっては両穴の幅が日本のものと違ったりして、携帯やPCの充電が出来ない場合もあります。カンボジアに渡る前には、滞在をより快適にサポートするこちらのスターターキットをご検討下さい。
日本の100V用電気製品を使用するには、変圧器が必要。高級ホテルでは変圧器を貸し出しているところもありますので、予約の際にはご確認をお勧めします。
PCやカメラなどの充電器の多くはアダプターが付いており、記載が100-200V,240Vなどとなっていれば変圧器なしで使えます。アダプターとはつまりコンセントとケーブルが直接つながっていないものです。(携帯の充電器やPCの充電器とドライヤーなどを比べて頂くと分かりやすいと思います。)

Copyright ©カンボジアナビ All Rights Reserved. Powered by United Futures, Inc.